ボランティアで訪れた高齢者施設で介護の仕事に強く惹かれ、高校卒業後すぐに介護・福祉の世界へ。
「高校卒業後に就職することは、中学生の時に決めていた。」と語る18歳のスーパールーキー。
特別養護老人ホームの現場で日々成長中です!

 

Q. 「福祉」のお仕事に興味をもったきっかけは?
A. 幼い頃からおじいちゃん、おばあちゃんと関わることが多く、中高生の時にボランティアで何度か訪れた老人ホームで職員の方やご利用者の皆さんが笑顔で過ごされており、その時に介護士というお仕事に強く惹かれました。私の大好きなおじいちゃん、おばあちゃん達が楽しく暮らせる手助けをしたいと思ったのがきっかけです。

 

 

Q. 就職先に府中市立よつや苑を選んだ理由を教えてください。
A. 就職面接をする前に施設見学をした時、職員の方のお話を聞かせてもらい楽しそうにお仕事されていること、職員の方とご利用者の皆さんが笑顔で過ごされている温かい雰囲気を見て、「ここで私も働きたい!」と思いました。学生時代にボランティア活動をしていた時から、早く現場で経験を積んだ方が良いと思っていたので、高校卒業後に就職することは、中学生の時に決めていました。

 

 

Q. 日々のお仕事内容を教えてください。
A. 特別養護老人ホームでご利用者の排泄、入浴、移乗、食事の介助などです。他にも、看護師とともに健康管理を行ったり、リハビリスタッフと協力をし、身体機能の維持、回復のサポートをします。また、ご利用者とのコミュニケーションも介護員にとって大切な仕事の一つです。夜勤の時は、事故の無いよう、転倒の恐れがある方などに気をつけながら、急な状況の変化やナースコール対応もあり、本当に大変で体力、精神力、行動力全てが必要なのだと実感しました。

 

 

ここに来てよかったと思っていただけるように!

 

Q. 仕事をするうえで、意識していることや心がけは?
A. 前向きに取り組み、思いやりを持つこと。そして、周りをよく見ること。常に相手の立場になり考えることを心がけています。

 

 

Q. 今後の目標はありますか?
A. 介護福祉士の資格を取得し、専門的な技術、知識を身につけ、ご利用者の想いに寄り添い、ここに来てよかったと思っていただけるよう努力を続けていくことが私の目標です。

 

 

★OFFの日はどう過ごす?★
最近は家で映画を観たり、漫画を読んだりが多いですが、月に何回か友人や、おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行っています。

★座右の銘★
「失敗は成功のもと」

 


★特養・短期入所チームマネージャーからのメッセージ★

素直に真っ直ぐ物事を見つめ成長していく姿が眩いです。一般的には大変だと思われがちな特養施設の介護も、笑顔いっぱいに楽しみながらお仕事している姿に、ご利用者も周りの職員も初夏の日差しのような初々しいエネルギーをもらっています。今はまだ失敗を恐れず様々なことにチャレンジしたくさんの経験を積んでいきましょう。見守っています♪